初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア魔法考察【汎用魔法・2】

マギカロギアの1巻に掲載されている汎用魔法について考察してみました。

数が多いので適当に分けて書いていきます。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 ★魔弾 推奨度:高

抵抗不可の攻撃呪文。確実に削りたいなら使うべき。

 

★流転 推奨度:中

使用タイミングが「防御プロットが公開されたとき」なので、立会人時でも使用可能だと想定。

ただ確実に防御したいのなら「幻影」の方が無難かと。

 

★火球 推奨度:中

騎士殺し。抵抗しても元型は特技を1つしか持たないため、ほぼ当たる。

 

★報復 推奨度:中

「防御プロットで相手の攻撃プロットを弾いたとき」が使用タイミングなので、「幻影」または集中防御と組み合わせると、場合によってはコスト以上の火力を叩きだせる。

 

★祝福 推奨度:中

元型のブロックを1上昇させることができるのは、特に騎士にとっては大きい。

最もそれ以上のダメージが飛んで来たら意味はないが。

 また、元々ブロックを持ち合わせていない元型(魔剣等)には使えないことに注意。

 

★回復 推奨度:高

魔力を回復できる数少ない手段。

ドラマシーン限定・1サイクルに1回のみ使用可能だが、それでも分科会に1人使えるPCがいるだけで安定度は相当違ってくる。

 

★幻影 推奨度:中

立会人時でも使える防御スキル。「報復」「分析」と相性がよいかと思われる。

ただし、「護力」「防壁」もちの司書PCがいるときはダメージを減らしたせいで「防壁」使えなかった……とならない様に注意。

 

★魔睡 推奨度:中~高

純粋に相手の攻撃プロットを1つ減らせるのは大きい。

PCとしては喰らいたくない魔法筆頭でもある。

 

★回想 推奨度:低

使い方を考えてみたところ、ドラマシーンを割り込ませて「回復」を実行させる、『契約』用のアンカーを作成するくらいしか思いつかなかった。

コストも決して安くはないので、使いどころが難しい。

 

★呪毒 推奨度:低

「集中防御」や「防壁」があるせいで、防御力を1下げたところでそこまで支障が

でない。呪毒をとるなら魔睡をとった方が有効。

GM側で使うのがよいかと思う。

 

★混乱 推奨度:中

これもどちらかというとGM側で使うタイプの魔法か。攻撃をプロット出来ないのは地味に痛いが、逆に防御側もプロットの読み合いができなくなるということなので。

 

★入滅 推奨度:中

1巻時はこれが一番火力が出る呪文だったが、「呪砲」や「雷撃」に押されてしまってる印象。

ただ「呪砲」と違って判定特技が固定なので、使いやすくはある。