読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア魔法考察【汎用魔法・3】

マギカロギア汎用魔法考察

マギカロギアの「幻惑のノスタルジア」に掲載されている汎用魔法について考察してみました。

数が多いので適当に分けて書いていきます。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 

★連結 推奨度:低

使い道が思いつかない。騎士のブロックを守るためにこれを取得するなら、「祝福」を取ってブロック増やす、あるいは「成長」で騎士を使い捨てにするスタイルの方が現実的ではないかと。

 

★補修 推奨度:低

元型用「回復」。軍団召喚以上のブロックを持っている元型でないと旨味はない。

 

★再挑戦 推奨度:低

「幸運」の下位互換。使うにも気軽に使えるものではなく、リスクが大きすぎる。

 

★交代 推奨度:低~中(分科会構成による)

攻撃向きでないPC(特に司書)が襲われた時用に持っておくのもいいかもしれない。

ただ団体戦では1ターン凌げば次の代表者に手番が回るので、あれば便利程度。

 

★活性 推奨度:低

これを使うなら別のPCから「支援」を貰うか「魂の特技」を使った方がいい。

 

★武勇 推奨度:中~高

プロットの読み合い用。あえて使って自分の領域への集中防御を誘い、別の目を設定するか、それとも素直にプロットするか。

失敗してもコストは1なので、使い勝手は悪くない。

 

★樹鎧 推奨度:低

一時魔力が欲しいなら断章からはぎ取った方が効率がいい。また、星の魔素は決して集めやすいものではないことを考慮すると、ますます取りづらい。

 

★恵雨 推奨度:低

バッドステータスの「封印」「綻び」を治療。シナリオ構成によっては必要になるかもしれないが、単体ではあるとはいえ書工の「修復」の方が魔素1で発動する分使い勝手はいい。

いざとなったら司書の「書海」で引っ張ってくる、くらいでよいかと。

 

★竜巻 推奨度:低

魔法戦参加者全員対応の「火花」。味方の蔵書構成によってはクリティカル以外回避不可になりかねない。

GM側で立会人のいない<断章>に持たせ、<煉獄><魔棘>あたりと併用して分科会を追い詰める使い方の方が正しいかと。

 

★蟲嵐 推奨度:中

「動揺」の効果持続版。割り込みで即効果のある「動揺」の方が、有用性は上か。

 

★龍鱗 推奨度:低

魔法戦限定の一時的魔力が3点、というのは美味しいようにも見えるが、「護力」持ちの司書がいれば最悪カバリング、「緊急召喚」で呼べる精霊は2点ブロックできるので、そこまで有用性はない。

これもGM側で<断章>に仕込んでシナリオ調整用に。

 

★咬傷 推奨度:中

抵抗判定しやすい位置ではあるが、「火花」「魔弾」よりも強い攻撃手段が欲しい人に。