読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア魔法考察【汎用魔法・5】

マギカロギアの「大夢消滅」に掲載されている汎用魔法について考察してみました。

数が少ないので短いです。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 

★死線 推奨度:低

攻撃ダイスが3個以上かつ別々の数字が残っていないとならず、失敗するとラウンド終了時に自分が死亡するという、非常にギャンブラー向きな魔法。

 

★看破 推奨度:低

ダイスの目を読めたとしても、発動タイミングの後にプロットの修正はできないので、あまり有用ではない。

これよりも天涯の「透視」の方が応用が効くかと。

 

★爆撃 推奨度:低

コストが自分の根源力以上の出目が出た場合は不発。また指定特技も比較的抵抗判定のしやすい位置にある。

GM側で敵NPCに持たせて、シナリオの難易度調整に。

 

★呪砲 推奨度:中

指定特技が自分の領域からランダムになる替わりにコストが下がった「入滅」。

素直に「入滅」を取るか、コストを考慮して「呪砲」を取るかは好みで。

 

★虚針 推奨度:低~中(PCによる)

コスト=自分の残り魔力になるので、「護力」持ち司書が最後に一撃入れるのに有用か。

 

★防壁 推奨度:中~高(PCによる)

メイン盾の司書が持つ「護力」に「防壁」が加わると最強に見える。禁書戦よりもやっかいな書籍卿戦に。