読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア経歴考察【司書編】

マギカロギア経歴考察

マギカロギアの経歴について考察してみました。

今回は「司書編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 

【PCとして】

○書警に次ぐ第2位。滅多にないと思うが書警不在時の分科会リーダー。

○書警同様、信条が「仲間の魔法使いを助ける」なので達成しやすい。

GM殺しの「護力」「分析」などを持ち合わせるメイン盾。

○さらに判定不要でハンドアウトを抜ける「読書」持ち。

×専用魔法の大半が支援のため、魔法戦特に書籍卿戦では苦戦を強いられる。

 魔法戦の功績点は恐らく取得できない。

 

【経歴専用魔法】

★書海 推奨度:中

 状況に応じて魔法を入れ替えることができるが、コストがやや重たい。

 阿房宮の特性と違って何度も使えるのがメリットか。

 

★検閲 推奨度:中

 禁書の「妖革」「凶兆」等の厄介なスキルを無効化できるのは美味しい。

 立会人では使用できない記載になっているため、要注意。

 

★裁断 推奨度:中

 対断章・禁書用の「咬傷」。コストも低く、蔵書の枠に余裕がある、または集団戦前に「書海」で引っ張ってくるとよいかもしれない。

 

★分析 推奨度:高

 立会人で参加することが多い司書は持っていた方が良い。

 仮に防御に失敗したとしても魔素が回収できるので悪くない。

 

★霊装 推奨度:低~中

 司書が魔法戦に参加するのは、恐らく集団戦のみであるケースが多いため、他に優先するべき魔法があればそちらを取るべき。

 

★読書 推奨度:中~高

 分科会の構成によると思うが、司書が情報収集役に回ることが多いため、蔵書に枠があるのならば入れておいた方がよい。失敗を「無理」で押し通すのであれば不要。

 

★検索 推奨度:低

 使いどころが難しい。ダメージソースとして取るなら「火花」等を取った方が有効。

 

★時還 推奨度:低

 立会人時限定・高コストの「幸運」。「再挑戦」と違って失敗してもファンブル扱いにはならないが、コストが故に使いたいときに使えない、という状況が起こりかねない。

 

★護力 推奨度:高

 GM殺しのメイン盾スキル。「防壁」と組み合わせると格段に凶悪になる。

 ただし使いすぎて消滅することがないように、使い過ぎに注意。