読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア経歴考察【書工編】

マギカロギア経歴考察

マギカロギアの経歴について考察してみました。

「書工編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 

【PCとして】

○立ち位置としては分かりやすく言うとサマルトリアの王子

○己を強化、あるいは敵の弱体化を絡めて戦うタイプ。やれることが広い。

○専用魔法と特性が壊れている機関「阿房宮」のデメリットにも、「装丁」で対応することが可能。

×逆にやれることが広すぎて、システムを初めてやるPLには不親切。

×信条を達成しにくい。

×戦闘向けのスキルは多いが、書警や異端者と比べると見劣りする。

 

【経歴専用魔法】

★修復 推奨度:中

 いつでも使えるバッドステータス回復魔法。持っておいて損はない。

 

★写本 推奨度:低~中

 運用が難しい。敵の魔法をコピーしてもいいが、敵は大抵対応特技を持っているため、抵抗されてしまう。味方の強力な呪文か召喚魔法をコピーさせてもらい、使うのがベターか。

 

★強化 推奨度:高

 コストが低い割にブースト強化という破格性能。騎士に使おう。

 

★援護 推奨度:中~高

 使用すると防御プロットができなくなる=魔素の獲得チャンスを逃すことになるため、取得するのであれば、魔素回収対策を考慮すべき。

 

★翻訳 推奨度:低

 一見便利そうに見えるが、「魂の特技」がある以上優先順位は下がる。

 断章専用スキルで「魂の特技」を封じられる可能性はあるが、ビルドの段階で心配をしても仕方ない。

 

★装丁 推奨度:高

 「阿房宮」所属でなくとも、最低魔力6は確保できる。

 「阿房宮」所属だと魔力リセットが圧倒的に不利なので、取得しておくべき。

 

★交易 推奨度:低

 代表戦のためだけに取得しておくのはどうももったいない気がする。

 

★重圧 推奨度:低~中

 ラウンドのみ持続とはいえ、最大のデバフ魔法。ダメージも与えられる。

 問題はコストが重たく、抵抗判定が可能であること。

 

★魔筆 推奨度:低~中

 調律専用魔法。魔素が余分に2つ貰えるのを多いとするか少ないとするか。

 似たようなスキルで戸口専用の「秘鍵」があるため、そちらと比べて取得するがよし。