読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア経歴考察【訪問者編】

☆祝☆哲学戦線発売決定!このまま大判ルルブもお願いします!

 

マギカロギアの経歴について考察してみました。

「訪問者編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

※2017/03/31 大判ルールブック発売に伴い、一部考察修正。

 

【PCとして】

○イメージ的には「ある日突然特殊能力に目覚めた少年漫画の主人公」。

○専用魔法は癖がなく、使いやすい。特に判定なしでダイスの振り直しを強制させる「幸運」が強力。

○信条は「魔法災厄に巻き込まれた一般人を助ける」なので、達成しやすい。

×「なりたての魔法使い」というイメージの為か、魔法戦における火力は期待できない。調査等サポートメインの立ち回りを要求される。

 

【専用魔法考察】

★浄化 推奨度:中

 元型対象であればほぼ抵抗不可であると考えられる。自分の元型も消滅する、と記載されているが、場に召喚されていない場合や「緊急召喚」で呼んだ元型であれば消えても痛くない。

 相手が強力な元型を所持しているときに輝くスキル。

 

★衝動 推奨度:中

 書工の「強化」と似ているが、こちらは追加ダメージの上昇。この魔法の説明文を読む限り、集団戦時に元型を所持したまま控えに回ったPCにも効果適用可能ともとれるので、その辺はGMと要相談か。

 

★異変 推奨度:低

 シーン表の7用。しかし「幸運」があれば不要。

 

★友人 推奨度:低~中

 「契約」用にアンカーを増やしておくのもよいが、その分運命変転で不幸になる可能性が増える。

 

★幸運 推奨度:高

 この経歴のPCであるなら、どんなスタイルのPCであっても取っておくべき。回数制限はあるが、逆につけないとゲームバランスが崩れる。それくらい強力。

 味方が失敗したときだけではなく、敵にスペシャルを出された時でも強制的に振り直しさせられる。

※大判ルールブックの呪句ルール時では発動に魔素コストが必要となった。しかし判定は不要のため、推奨度:高で変わらず。

(しかし巻末の仕様変更を読むと、呪句ルール非適用でもコストが必要とも読めるが……。)

 

★願望 推奨度:低

 任意選択ならばもう少し有用性はあったかと思うが……。

 

★遭遇  推奨度:低〜中

 リプレイではある意味MVP。アンカー型であれば取得を考慮しても良いだろう。

 

★無心  推奨度:低〜中

 ハマれば強いが、完全に運任せ。追加ダメージ2に賭けるか。

 

★仮面 推奨度:低

 願望と同様、内容を任意選択できるのであれば使いようはあったかもしれない。

 

【2017/03/31 大判ルールブック追加魔法考察】

★正誤表 推奨度:中

発動に条件はあるが、それさえ満たせれば手軽にブーストを追加することができる。

訪問者自体に攻撃力または防御力を上昇させるスキルはないため、発動条件は満たしやすいだろう。

 

★凶運 推奨度:低~高(PLによる)

戸口の「秘鍵」と同じではある。しかし発動条件がその名の通り凶運と踊りやすい人(ファンブラー)向けのため、安定しての発動は難しい。

 

★消去 推奨度:中

外典の「魅了」が掛けてもらいにくくなるのが難点。ただ防御魔法としては外典の「抵抗」より強力である。