初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア経歴考察【外典編】

マギカロギアの経歴考察「外典編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

※2017/04/01 大判ルールブック発売に伴い考察追記。

 

【PCとして】

○元「禁書」の魔導書という設定の為か、癖はあるが強力な専用魔法が多い。

○信条も比較的達成しやすく、2巻では「教唆」という信条達成補助に使える魔法が追加されている。

○異端者同様、RPを楽しみたい人に。

×経歴は最下位であり、異端者同様機関の「円卓」に所属することは不可能である。

×魔術戦寄りのPCではあるが、ステータス強化の装備魔法はない。一気に畳みかける戦術を要する。

 

【経歴専用魔法】

★支配 推奨度:低

 仮にレベル1元型を支配するにしても、闇の魔素が2つ必要になる。

 闇の魔素を多量に要する魔法が多い現状、この魔法にまで魔素を割り振る余裕があるかと言われると疑問である。

 

★魅了 推奨度:中~高

 味方に一度掛ければセッション中はずっと固定値1が付く。敵に掛けてマイナス1にするよりは、味方に使用するのが有用だろう。

※大判ルールブックよりコスト上昇した点に注意。

 

★狂乱 推奨度:低~中

 所謂バーサーカー化させる魔法。自分に掛けて「特約」発動を狙うのが得策か。

 

★抵抗 推奨度:中~高

 抵抗判定にプラス補正は地味に美味しい。蔵書と相談してできれば取得のがよいか。

 

★速読 推奨度:中

 書警「寄越せよ」

 2回唱えられるのは嬉しいが、その分コストも要するので注意。

 元型の「キャスト」が使える環境が用意できるのであれば不要。

 

★付録 推奨度:高

 異端者「寄越せよ」

 騎士や魔王等を収録しておき、行き場のない余った魔素をチャージできるようにしておくのがよいか。

 蔵書を増やすのが階梯の位を上げることでしか対応ができないため、積極的に取るべき。

 

★教唆 推奨度:中

 契約を使用することを前提とした魔法。自分が達成しやすそうな願い事にしておけば、信条達成も容易になる。アンカー型は取得考慮の余地あり。

 

★災厄 推奨度:低

 所謂メガンテだが、下手すると自分だけが自爆して敵がピンピンしているような状況になっている。コストも馬鹿にならないのでオススメはできない。

※大判ルールブックより、抵抗判定の順番を設定できるようになったので注意。

 

★特約 推奨度:中(分科会構成による)

 魔法戦担当となるのであれば、取得しておいた方がよい。

 

【2017/04/01 大判ルールブック発売による追加魔法考察】

★奈落門 推奨度:低~中

 あと1点足りない時や、敵側に立会人がいるときには有用か。1回判定すれば戦闘中はずっと有効のため、コストは割と悪くない。

 

★宿蟲 推奨度:中

 「援護」等とは違い、判定は必要ではあるものの倍返しすることができる。

 

★呪爆 推奨度:中(PCによる)

 追加になった「七剣」や「捕縛」と相性がよい。前述した蔵書を持っていれば組み合わせて使うべきだろう。