初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア機関考察【円卓編】

マギカロギアの機関考察「円卓編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

※2017/04/01 大判ルールブック発売に伴い考察追記。

 

【仕様考察】

○1回だけ「事件」を起こせる、<禁書><断章>の魔法への抵抗へのプラス補正など、メリットが多い。

○「疵」を負うと脱退となるが、単発セッションであればそこまで気にすることはないデメリット。

×「異端者」「外典」は所属することができない。

×メリットは多いが、「拒絶」以外の専用魔法がかなり心もとない。

 

【機関魔法考察】

★拒絶 推奨度:高

 コストをツケにできる「破呪」。しかしラウンド以内にツケを支払えないと、魔力でツケを払うことになるので多用注意。

 「破呪」と違い、コストは力1のみと低コストだが、追加ダメージは発生しない。どちらを取得するかはメンバーの構成を見て考えた方が良さそう。

※大判ルールブック発売により、仕様が大幅変更。「破呪」よりも「動揺」に近い魔法になり、さらにコストが増大した。推奨度は高→低に変更。

 

★鉄槌 推奨度:低

 相手が「一時的魔力」を持っていないと、「咬傷」と同じ威力しか出ない。

 これを取得するだけの為に「円卓」に所属するのは少々もったいない気がする。

 

★光翼 推奨度:低

「闇」の領域限定の「竜巻」。メンバーに「闇」領域がいたら、面倒くさいことになるのでおすすめできない。

 

★後援 推奨度:低~中

 作ったばかりのキャラクターでも3点の魔素をセッション開始時に取得することができる。ただし効果があるのはセッション開始時のみ。

 司書で「書海」を準備しておき、途中で「拒絶」あたりに切り替えるのが無難か。

 

★救済 推奨度:低

 運命介入を行えるのはセッション中に1回だけ。これを取得するよりは、「魂の特技」と味方の「支援」「幸運」で何とかした方がよい。

 

★権杖 推奨度:低

 バックアタック回避のためだけに、蔵書の枠を裂くのは忍びない。