読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア機関考察【学院編】

マギカロギア機関考察

マギカロギアの機関考察「学院編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 

【機関考察】

○所属したときに、初期アンカーとは別に<愚者>のアンカーを貰える。

×事件を起こすと魔力が回復するが、事件で運命変転がおこり、上記のアンカーに降りかかると強制的に魔力リセットとなる。事件を起こすときは慎重に。

 

【機関魔法考察】

★教導 推奨度:低

 強化版「呪具」だが、使いどころが分からない。抵抗判定のために特技を増やしたとしても、「魂の特技」でゴリ押せる現状、使用する旨味が見えてこない。

 

★伝承 推奨度:低~中

 シーンのみ判定補正。「回復」や調律を行う場合に全員で一緒のシーンに出て成功率を上げる、というのが正しい使い方か。

 

★捕縛 推奨度:中

 呪文を吸収することができる。立会人としても使えるし、自分が対象でも使える。

「魂の特技」で抵抗判定をしても、成功すれば魔力2点分が手に入るので、悪くない。

 

★制服 推奨度:低~中

 抵抗判定は自分の分野のみ補正。固定値は正義、の人に。

 

★導師 推奨度:低

 精霊をノーコストで呼べるのはよいが、公式にも「破壊されると出てこなくなる」と書かれているので、微妙なところ。キャンペーンで元型を鍛えることができれば別かもしれないが……。

 

★教本 推奨度:低~中

 指定した魔法のコスト肩替わり。「電撃」で4ダメージを狙うか、「魔王」や「王国」のコストを減らすか、お好みで。