初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア機関考察【天涯編】

マギカロギアの機関考察「天涯編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 

【機関考察】

○セッション中1回のみだが「幸運」と同じくダイスの振り直しができる。

○信条が比較的達成しやすい。

×アンカーの属性の決定時の出目次第では所属不可能となる。

×召喚魔法と相性のよいスキルが揃っているが、所属条件に呪文タイプの魔法を1種以上取得という縛りがあるのに注意。

 

【機関専用魔法】

★星辰 推奨度:中~高(PCによる)

「魔王召喚」等、高コストの召喚魔法がメインとなる場合、取得しておくと捗る。

ダメージに比例する「触媒」より安定して魔素をチャージできる。

 

予知 推奨度:低~中

使いどころは難しいが、ファンブル回避・ゾロ目による魔素回収を目的とするのであれば、取得考慮もありか。

 

★透視 推奨度:低

公開するプロットを対象が自由に決定することができるため、逆にブラフを張られる可能性がある。また、コストも決して安いものではない。

それならば「武勇」や「裁火」等の方がまだ有用性が高い。

 

★夢網 推奨度:中~高

「緊急召喚」の特技一致率をぐっと挙げられる。夢の領域であればさらに召喚成功率が上がる。

「祖霊」「妖花」もちのPCと相性がよい。

 

★占札 推奨度:低~中

「魔筆」持ちPCが持つのが有効か。

 

★夢枕 推奨度:低

蔵書の枠的に、魔力のリセットは素直に1手番消費した方が良い気がする。

(※追記:「護力」持ちのメイン盾役の司書が持っておけば、魔法戦後に調査を行う度に魔力の全回復が狙えるので、状況によっては「推奨度:高」にもなりえる。)