初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア機関考察【猟鬼編】

マギカロギアの機関考察「猟鬼編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数2回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 

【機関考察】

○「書籍卿絶対殺すマン」という、明確な信条。

○対・書籍卿に特化したボーナスが多い。

○魔法戦を有利に進めるための専用魔法が多い。

×運命反転のデメリットが比較的小さい「魔法使い」をアンカーにすることができない。

※この「魔法使い」というのが「書籍卿」を含むのかどうかはKPの裁量。

 

【機関専用魔法】

★魔刃 推奨度:低~中

元型を引き換え必須であることから、短期決戦の魔法。

ただし抵抗判定が可能であることを考慮するべき。

 

誤爆 推奨度:低

どちらかというと禁書や書籍卿に仕込んで嫌がらせする用。

 

★魔鏡 推奨度:中

禁書の「妖革」等をコピーするのが有効か。

 

★補給 推奨度:中

体力回復なら「回復」か調律をした方が良い。魔素もそこまで重要視されるものではない。

 

★凶刃 推奨度:中~高

毎ラウンド安定して召喚できる環境があれば、常に攻撃力+1となる。

 

★妨呪 推奨度:低

味方が割り込みでフォローできる魔法を持っている場合、自分で首を絞めているような状況になってしまう。