初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア機関考察【阿房宮編】

マギカロギアの機関考察「阿房宮編」です。

【注意】

・考察しているのはセッション回数3回程度の貧弱一般魔法使い。鵜呑み厳禁です。

・推奨度は基本的に「高・中・低」で表しています。

・ルールの把握ミスがありましたらご容赦下さい。

 

【機関考察】

○「真の姿解放」を2回に増やせる「攻殻」、禁書専用魔法を取得できる「禁呪」と壊れた性能の専用魔法。

○おまけに、セッション中に1回だけ指定した魔法を入れ替えることができる。

×魔力決定が低くなりやすい。しかし装丁持ちの書工ではさしたるデメリットにはなりえない。

×信条が曖昧で達成しにくい。

 

【機関専用魔法】

★改造 推奨度:低~中

 書工であればブースト付与の「強化」、訪問者なら低コストの「衝動」を取った方がよいかも。

 

★欲情 推奨度:低

 集中防御にハマれば完全防御もなくはないが、コストが掛かり過ぎる。

 

★霊病 推奨度:低

 相手が元型を使用しない・盾替わりですぐに破壊されてしまえば効力はない。

 

★禁呪 推奨度:高

 壊れ魔法その1。禁書専用魔法の「妖革」や「屍型」等もコピー自在。

 運用によっては可能性が広がる蔵書。

 

★転生 推奨度:低

 護力持ちの司書なら取得考慮ありかもしれないが、そもそも護力持ちのメイン盾ならば阿房宮は選ぶメリットが薄い。

 

攻殻 推奨度:高

 壊れ魔法その2。デメリットなしに真の姿を2回使えるようになるのは相当強力である。