初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア禁書考察【専用魔法・装備編】

今回は禁書専用魔法・装備編の考察です。

※注意

・この考察をしているのは一般貧弱魔法使いです。

・脅威度「高・中・低」で表しています。

※2017/04/07 大判ルールブック発売による考察追加。

 ★破滅 脅威度:中~高

「魂の特技」でごり押しができない復活判定にマイナスはかなりつらい。

PT構成によっては早目に封印しておくのを推奨。

 

★煉獄 脅威度:中~高

「護力」で完封することはできるが、このシステムで魔力回復手段が貴重であることを考えると、脅威でないとは言い切れない。

 

★逃亡 脅威度:低

魔法戦に立ち会いをしていれば判定に参加することができる。4人いれば1人くらいは星の領域の特技・または隣接する特技を持ち合わせているし、最悪「魂の特技」でごり押しすればいい。

また<禁書>はこの魔法による逃亡はできないため、他の魔法に比べてそこまで脅威ではない。

 

★魔棘 脅威度:中~高

「煉獄」の追加ダメージが「魔素」に代わっている。装備魔法主体で戦う魔法使いはともかく、大量の魔素を必要とする召喚型魔法使いには脅威である。

よって優先的に封印することを推奨する。

 

★妖革 脅威度:高

どんなダメージも固定値で減少してくる、いやらしさは禁書専用魔法の中でもトップクラス。GM側でも管理が容易なので、よくシナリオに現れる魔法でもある。

逆に「阿房宮」の「禁呪」でコピーしてしまうという手もある。

 

★死帖 脅威度:中

禁書版「武勇」。異端者専用の「鉤爪」に比べれば性能は可愛い方。

 

★凶兆 脅威度:中~高

失敗がファンブル扱いになるのは大分痛い。PL側もプレッシャーが半端ない。

 

★書影 脅威度:中

刻印対応の騎士を自動召喚。封土であれば不要。また、<禁書>時には効果がない。

 

★墓標 脅威度:中~高(シナリオによる)

一時的魔力が増加するのも、憑依深度が上昇するのも、結果的にステータスをガンガン上げてしまうようなものなので、持っているのであれば効果が適用される前に速攻で封印してしまおう。

 

★観察 脅威度:低~中

「観察」対象はあくまで「魔法戦の代表者」のみであるため、効果の薄いうちにさっさと回収・封印してしまえば問題ない。

 

★難書 脅威度:低~高(PCによる)

攻撃ステップが2回続くのをチャンスとみるかピンチとみるか。

少なくとも司書等のサポート寄りのPCとは相性が合わないのは確かだろう。

 

★黒本 脅威度:高

敗北した場合、最悪アンカーが一発で死ぬor消滅する可能性がある。

 

【2017/04/07 大判ルールブック発売による追加魔法考察】

★忘我 脅威度:高

 召喚型魔法使い、特に「祖霊」による多重召喚をメインとして戦う異端者にとっては脅威の塊である。断章であるうちに封印するべきであろう。

 

★消耗 脅威度:中~高

 断章・禁書の身を削る度に立会人にダメージが行くのはシャレにならない。

 

★百禍 脅威度:低

 断章のように1つしか特技を持っていない場合であれば有用だが、最低でも判定値が6以上である以上さほど脅威ではない。