初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア魔法考察【追加召喚魔法編】

2017年3月発売の基本ルールブックにて追加発表された、汎用召喚魔法について考察してみました。

【注意】

・この考察を書いているのはセッション回数が片手で数えられる程度の貧弱一般魔法使いです。

・推奨度を高・中・低で表しています。

・ルール把握漏れ等がございましたらご容赦願います。

・詳しいデータは記載しておりません。データが知りたかったらルルブを買おう(ダイレクトマーケティング

 ★血契召喚 推奨度:低~中(PCによる)

 コストがかからない代わりに魔力を持っていかれる騎士召喚。

 しかも判定はランダム。分身召喚よりも範囲が広くなっている。

 

★偶像召喚 推奨度:低~中(PCによる)

 所謂ミナデイン式「魔王召喚」。しかもそのラウンドで消滅してしまう。

 

★異境召喚 推奨度:低

 下手な世界法則を付けると、かえって自分達の首を絞めてしまうためご利用は計画的に。

 

★面影召喚 推奨度:PCによる

 疵を負っていることが取得条件である時点で、「禁呪」を使わないとまず習得は無理である。

 

★回帰 推奨度:中(PCによる)

戦闘中に魔力を回復できる貴重な蔵書。召喚型(特に「祖霊」持ち異端者)は一考の余地あり。

 

★剣舞 推奨度:低

この魔法を使う前提として「魔剣召喚」が必要であること、「魔剣召喚」+「剣舞」のコストが「軍団召喚」のコストと同値であることから、有用性は低い。

禁書や書籍卿に持たせよう。

 

★分解 推奨度:中(PCによる)

厄介な元型がある時には有用。訪問者は「浄化」を取得するのであれば不要。

 

★集合 推奨度:低~中(PCによる:注釈も参照)

前提として2レベル以上の元型2体が召喚されていること、判定特技がランダムで設定される条件がクリアできれば、第三階梯でも魔神を呼ぶことができる。

※魔神について、ルールブックでは「少なくとも第四階梯でないと扱えない」と記載されているが、この魔法は魔素3つで発動することができるため、第三階梯でも蔵書として持ち合わせることは可能。

第三階梯で魔神を呼びだしても問題ないか、その辺はGMとのコンセンサスを取るようにしてください。

 

★複製 推奨度:中(PCによる)

魔素が集められるかつ判定をくぐる自信があれば、決して悪くはない。