読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者と中級者の間から見たTRPG書き捨て場

TRPG歴2年半の、まだまだ未熟なTRPGプレイヤーの想うところ。固定値信者。データッキー。

マギカロギア魔法考察【追加呪文魔法編・2】

2017年3月発売の基本ルールブックにて追加発表された、汎用召喚魔法について考察してみました。

【注意】

・この考察を書いているのはセッション回数が片手で数えられる程度の貧弱一般魔法使いです。

・推奨度を高・中・低で表しています。

・ルール把握漏れ等がございましたらご容赦願います。

・詳しいデータは記載しておりません。データが知りたかったらルルブを買おう(ダイレクトマーケティング

 ★覚醒 推奨度:低

【真の姿】限定「翻訳」。本気モードの演出にどうぞ。

 

★霊薬 推奨度:中~高

魔力の最大値が高めに出ていれば「回復」、そうでないならば「霊薬」で高魔力を目指すのがよいだろう。

 

★幻脳 推奨度:低

1回きりの一次的魔力の為だけに蔵書の枠を潰すのは忍びない。

 

★幽窓 推奨:中

召喚タイプのPCが、味方の援護をするのに有用。しかし「召喚魔法を使用し」とかかれているため、魔素コストは必要である。

防御プロットで魔素を稼ぎ、集団戦で使用するのが良いか。

 

★角笛 推奨度:低

 付与タイミングから見て、集団戦に使うのが良いか。

 

★曼華鏡 推奨度:低

 予知夢シーンがシナリオに組み込まれていないと、使い物にならない。

 

★黄金律 推奨度:中

 「秘鍵」等と組み合わせれば、より効率的に魔素を集めることができる。

 

★七剣 推奨度:低~中

 「捕縛」とどちらが有用かは、分科会構成にもよる。

 

★闇鞄 推奨度:低~中

 アイテムルールが組み込まれた場合は有用かもしれないが、蔵書の数を潰してまでアイテムを持ちたいかと言われると……。

 

★唱面 推奨度:低~中

 発動が相手次第の「速読」。外典では取得不要。

 

★乗騎 推奨度:低

 「マナ」の仕様で、シーンに戦車を登場させることが無意味。

 もしくは「プラス」の効果を狙っての使用はありかもしれないが、素直に「魂の特技」を使った方が良いかもしれない。

 

★怪腕 推奨度:中(PCによる)

 ※公式でエラッタが発表されており、呪文限定に修正されています。

 まよキンの魅力判定で「衣装」を使用するかのような判定。調査時に呪文を使用するタイプのPCにはおすすめ。戦闘中の呪文使用であれば、キャスト持ち元型に任せた方がお得。